JDSA 災害救援活動者認定講座受講者募集

大規模災害では公助の助けがくるまで時間を要するケースがほとんどです。
その間、心の支えとなるのは、被災者同士。もし、そこにいるのがあなただとしたら…。

被災者同士による助け合いのことを【共助力】と言います。
その大切さを知っている人がいて、そのひとりが状況を的確に判断し、行動できれば、災害発生時、多くの命を守ることができるのです。あなた自身が、そのひとりなら、そんなひとりがたくさんいたら、もっとたくさんの命を守ることができるのです。
JDSA理念を肌で感じてください。そして、自ら、問いかけてください。
“自助”とは。“共助”とは。“救護活動”とは。その答えが講座の中にあります。
「必要な誰かのために行動したい」と願う熱い思いを持った、あなたの参加をお待ちしております。

JDSA災害救援活動者認定講座概要

災害発生時の救援活動に特化したトレーニングプログラム

大規模災害では、公助の助けがくるまでの間、被災者同士による共助の力が必要になります。
混乱した状況の中で、生き埋めになっている人の救出やケガ人の救急救護手当て、避難が困難な方々のサポートなど、そばにいる人の迅速かつ的確な行動が命を守ることになります。
災害発生時、私たちが守るべき人とは、あなたの大切な家族はもとより職場の仲間、友人、知人、隣人のお年寄りや身体の不自由な人、妊婦さんや子供などです。
一般社団法人日本災害救援活動士協会(JDSA)では、災害発生時にあなたの助けを必要とする人たちを守るための知識と技術を学ぶ「JDSA災害救援活動者認定講座」を定期的に開催します。
認定講座の講師は、阪神淡路大震災・東日本大震災・熊本地震など災害発生直後に被災地で災害救護活動を精力的に行ってきた実績を持ち、民間の災害救援活動者の第一人者でもある、JDSA代表 馬場賢親が担当します。

  認定講座講師プロフィール  

JDSA災害救援活動者認定講座特色

▶︎助けが必要な人の為に災害発生時の共助力を学ぶ講座です。
▶︎受講料は3課程で6000円です。
▶︎年間4クール定期開催します。
▶︎3つのトレーニング課程はどの課程からも受講が可能です(最初に受講したトレーニング 講座の受講から1年以内に3つの課程を受講修了していただければOKです。)
▶︎講師はJDSA代表(災害救援士)馬場賢親が担当します。
▶︎会場はJDSA葉山トレーニング会場
▶︎少人数制の為、トレーニング機材が充実してます。

全ての課程(3 課程)を修了した受講者には、
一般社団法人日本災害救援活動士協会 ( JDSA )が提供する災害救援活動者認定講座のすべての課程を修了した者であることを証し、【JDSA 災害救援活動者認定証】を授与しています。

1.災害救援活動の基本講座(ベーシックサポーター課程)

活動者の安全確保、各種装備の使用方法、初期消火活動、各種ロープワーク、救出、救助活動、避難所運営サポートなど災害救援活動者として覚えておきたい知識と技術を習得する課程です。

開催月(年間4回開催):
01月・04月・07月・10月の土曜日 OR 日曜日
講師:JDSA代表 馬場賢親 プロフィールはこちら
開催場所:JDSA葉山トレーニング会場
トレーニング時間:10:00〜18:00
受講定員:最大受講者数/6名

認定講座スケジュール一覧

2.要救助者のサポート課程(レスキューサポーター認定講座)

意識のない傷病者への心肺蘇生法やAED の使用方法、骨折や捻挫の応急手当、止血の方法、火傷の応急手当、感染予防、傷病者の回復体位など、応急救護手当を施せる知識と技術を習得する課程です。

開催月(年間4回開催):
02月・05月・08月・11月の土曜日OR日曜日
講師:JDSA代表 馬場賢親 プロフィールはこちら
開催場所:JDSA葉山トレーニング会場
トレーニング時間:10:00〜18:00
受講定員:最大受講者数/6名

認定講座スケジュール一覧

3.要介助者のサポート課程(ハートフルサポート認定課程)

避難時や避難所で介助が必要なお年寄り、車いすを使用している人、目の不自由な人、耳の不自由な人など、さまざまな障害を持つ人たちをサポートする介助知識と技術を習得する課程です。

開催月(年間4回開催):
03月・06月・09月・12月の土曜日OR日曜日
講師:JDSA代表 馬場賢親 プロフィールはこちら
開催場所:JDSA葉山トレーニング会場
トレーニング時間:10:00〜18:00
受講定員:最大受講者数/6名

認定講座スケジュール一覧

共助によって助けられた事例

  • 寝たきりのお爺ちゃんを避難所まで運んでくれたお隣のご主人。
  • 避難所で目の不自由な私たち夫婦を支えてくれた高校生の女の子。
  • 崩壊した家屋から救出してくれたご近所の方々。
  • ケガをしいる母親に手当てをしてくれたスーパーの店員さん。
  • 救急隊員が来るまで心臓マッサージを続けてくれた青年。
  • 地震発生直後に支援物資を持って駆け付けてくれた友人。
災害救援活動の基本課程 日程
2018年 4月14日(土)満員
2018年 7月08日(日)
2018年 10月13日(土)
2019年 1月13日(日)
要救助者のサポート課程 日程
2018年 5月12日(土)満員
2018年 8月12日(日)
2018年 11月10日(土)
2019年 2月10日(日)
要介助者のサポート課程 日程
2018年 6月9日(土)満員
2018年 9月9日(日)
2018年 12月8日(土)
2019年 3月10日(日)