【要介助者のサポート課程(1日 /10:00-18:00)】

※開催月 /03 月・06 月・09 月・12 月
▶避難時や避難所で介助が必要なお年寄り、車いすを使用している人、目の不自由な人、耳の不自由な人など、さまざまな障害をもつ人たちをサポートする介助知識と技術を習得する課程です。

■受講修了者には、JDSA 公認のハートフルサポーターとして認定し、要介助者のサポート課程修了証を発行しています。

災害発生時の混乱した状況の中、あなたの助けを必要とする人たちがいます。
あなたとあなたの家族の安全が確保できている状態なら、救出・救助・支援活動に力を貸してください︕

自分自身では避難が困難なお年寄りや車いす利用者や目の不自由な人、耳の不自由な人、知的障害を持つ人たちなど介助が必要な人をサポートしてくれる人が必要です。避難困難者を安全な場所(避難所)までサポートしてくれる人がいなければ、自宅に留まり救助を待つしかありません。

<詳細情報>

開催日程 2018 年 06 月 09 日(土)満員・2018 年 09 月 09 日(日)・2018 年 12 月 08 日(土)・2019 年 03 月 10 日(日)
>>> 認定講座スケジュール一覧
時間 受付 / 09:30 ~ 講座 / 10:00 ~ 18:00
講師 JDSA代表 馬場賢親 プロフィールはこちら
会場 JDSA 葉山サテライトオフィス&トレーニング会場(MAP 参照)
〒240-0116 神奈川県三浦郡葉山町下山口 1508-3 アルカディア葉山 202
受講料 災害救援活動の基本課程・要救助者のサポート課程・要介助者のサポート課程の三課程で6,000円
定員 最大 6 名(定員になり次第締め切ります。)
実技メインの少人数制で機材も充実。しっかり学んでいただけます。
受講資格 中学生以上(18 歳未満の受講希望者は保護者の承諾書が必要です。)
服装および
持ち物
軽運動のできる服装でお越しください。
筆記用具をお持ちください。

<タイムスケジュール>

▶09︓30 ~ 10︓00 受付開始
▶10︓00 ~ 10︓30 【イントロダクション】講師挨拶・受講者自己紹介・講座概要&スケジュール紹介
▶10︓30 ~ 11︓00 【第1章 / 障害についてについて】
※10︓50 ~ 11︓00 休憩 10 分
▶11︓00 ~ 12︓30 【第2章 / 車いす利用者について】・座学・サポートの基本・野外実習
※12︓30 ~ 13︓30 昼食休憩
▶13︓30 ~ 15︓00 【第 3 章 / 目の不自由な人について】・座学・サポートの基本・野外実習
※14︓50 ~ 15︓00 休憩 10 分
▶15︓00 ~ 16︓00 【第4章 / 耳の不自由な人について】・座学・サポートの基本・コミニュケーション実習
※15︓50 ~ 16︓00 休憩 10 分
▶16︓00 ~ 17︓00 【第5章 / 加齢障害について】・座学・野外実習
※16︓50 ~ 17︓00 休憩 10 分
▶17︓00 ~ 17︓30 【質疑応答】
▶17︓30 ~ 18︓00 修了挨拶・修了証授与・質疑応答・アンケート・その他案内

<受講生の声>

体感してみて初めてわかる障害者の方の大変さ

ハートフル講習は、視覚、聴覚障害者、高齢弱者の模擬体験と介助・サポートを勉強します。
すべての事が初めての体験でしたが、普段の生活の中に身近にある光景なのです。実際に体感してみないと、障害者の方の苦労と大変さは一生わからなかったと思います。介助、サポートもやり過ぎると、親切の押し売り、邪魔になる事も教わりました。
大切な事は、どんな場面でも、相手の気持ちになって接する事が第一だと痛感しました。ありがとうございました。
52 歳 男性 カイロプラクター 香川県)

自己満足ではない真のサポートを知った!

普段の生活やマニュアル通りの講座では感じる事の出来ない「相手の立場を感じる」という経験が出来ました。 私が敢えて、『考える』ではなく『感じる』と表現したのも、車椅子や目の不自由な方の食事の場面や高齢者の方の体の状態など、第三者として捉えるのではなく、主観的に体感したり、相手の立場を感じる体験で、自己満足ではない、「真のサポートの意味」を教えて頂きました。知識だけでなく、人間関係においても価値観が広がるものではないかと思う、これからの世の中に本当に必要な講座だと思います。ぜひ、1人でも多くの方に受けて頂きたい講座です。
(T 32歳 女性 事務員 大阪府)

JDSA 災害救援活動者認定講座 / 注意事項・その他

▶当日の受付は 09:30 からです。
講座開催(10:00)までに受付をお済ませください。
講座開催時間は 10:00 ~ 18:00 です。

▶雨天決行
開催当日、雨でも開催します。
・災害救援活動の基本課程(内容の一部を野外から室内に変更して開催します。)
・要救助者のサポート課程(この過程は、全て室内での講座です。)
・要介助者のサポート課程(内容の一部を野外から室内に変更して開催します。)
※台風、豪雨、大雪など、やむを得ず開催を中止する場合もあります。悪天候で中止する場合は、開催前日の 18:00 に最終判断をし、受講者の皆様へ事務局からメールでご連絡いたします。

▶当日の服装について
軽運動のできる服装でお越しください。(長袖、長ズボン、運動靴)
・災害救援活動の基本課程(当日、雨が予想される場合はレインウエアーをご持参ください。)
・要救助者のサポート課程(この過程は、全て室内での講座ですのでレインウエアーは必要ありません。)
・要介助者のサポート課程(当日、雨が予想される場合はレインウエアーをご持参ください。)

▶ご持参いただきたいもの
受講券と筆記用具をご持参ください。

▶当日の昼食について(災害救援活動の基本課程の昼食は主催者側でご用意します。)
近くに食堂やコンビニ、スーパーがあります。
当日の休憩時間にお買い求めいただき、会場でご飲食いただけます。また食堂で済ますことも可能です。
※災害救援活動の基本課程は、主催者側が用意した非常食を食べますので各自で用意する必要はありません。

▶当日キャンセルについて
体調不良や諸事情で当日に受講キャンセルされる場合は、必ずご連絡をください。
当日の緊急連絡先は、各受講券の裏面に記載されています。
※受講当日にキャンセルされた場合、受講券が無効になり受講権利が無くなります。再度受講券を発行するには、各課程 2,000 円の受講料が必要になります。
詳しくは、事務局までお問い合わせください。

▶講習中の事故(ケガ)について
安全には細心の注意をはらい講座を進行してまいりますが、この講座の特性上、自己責任・自己管理が基本です。
主催者としてその場で最良と思われる応急手当てを行いますが受講される方もケガをしないよう注意が必要です。また、この講座開催にあたって主催者として「ボランティア行事保険」に加入しています。
万が一事故があった場合は、保険適用内の範囲で保障されることをご了承ください。

▶受講日の変更(無料変更期限)について
受講日の3日前まで無料で変更が可能です。受講日を変更されたい場合は、事務局までご連絡をください。
無料変更期限を過ぎ、別日程での受講を希望される場合は各課程につき 2,000 円の受講変更料が必要となります。

▶最初に受講した日から1年以内に全ての課程を受講いただけない場合、受講権利が無くなります。
3課程の内いずれか最初に受講した日から1年以内に全ての課程(3課程)を受講しなかった場合、受講権利が無くなります。未受講分の受講料の返金は致しかねます。あらかじめご了承ください。

▶受講券に明記された受講者以外に譲渡はできません。