HOME アクセスマップ サイトマップ メールフォーム
JDSAについて 講座プログラム一覧 講座スケジュール 活動士・提携団体 協会概要 賛助会員募集

Program list
■ 講座プログラム一覧
■ レスキュー・サポート
   トレーニング講座
■ ハートフル・サポート
   トレーニング講座
■ ベーシック・サポート
    トレーニング講座
■ テクニカル・サポート
   トレーニング講座



 

講座プログラム一覧

レスキュー・サポート・トレーニング課程

傷病者の命を救うために国際的な応急救護手当てを学ぶ!

災害時に限らず、万が一の緊急事態は時と場所を選びません。救急隊や医 師、その他の救急の専門家に引き渡すまでの間あなたの助けが必要です。 傷病者の命をつなぐため、心肺蘇生法やAEDの使用方法、出血のコント ロール、緊急移動など国際的な応急救護手当てを学びます。
このプラグラムの修了者には、国連関連組織である世界安全機構公認MFA国際ライセンスが発行されます

※ このトレーニングは、社会福祉協議会の市民活動行事保険に加入しています。

 

コースの内容

このプログラムは、救急隊や医師、その他の救急の専門家に引き渡すまでの間、現場での応急手当や救急救護を施せる人(救助者)を増やし、手当の連鎖(救命の輪)を達成することを目的とした教育プログラムです。
このプログラムは国連関連組織の世界安全機構が公認する国際基準のトレーニングです。
修了者は、国際的に認められたライセンスを取得していただけます。

災害時はもちろん、普段の生活の中での緊急事態に、うろたえることなく的確な行動をとれるよう、基本的な蘇生法と救急法を学びます。

1

a a
一刻を争う事態に必要な実践講習
あらゆる緊急事態への応急救護を学びます

MFA(メディックファーストエイド)国際ライセンスとは?

MFAライセンス当協会は、MFAのトレーニングセンターとして公認されています。

MFAとは、メディックファーストエイドの略称です。救急医療の先進国であるアメリカで、1976年一般市民向けの応急救護手当ての訓練プログラムとして誕生しました。その後、数年ごとに最新の教育プログラムと国際コンセンサスに基づいた医学ガイドラインを盛り込んで、ノウハウ等のソフト面、教材などのハード面ともにアップデートを続けています。
国連関連組織の世界安全機構(WSO)をはじめ、カナダのロイヤルライフセービング協会、ガールスカウトUSA、財団法人日本海洋レジャー安全振興協会など、様々な公的機関や団体の多くから公認されており、世界中に普及しています。
詳しくは、MFA・JAPAN公式サイトをご覧ください。

 

受講生の声

『自分の弱さを知っただけでも大きな収穫!』

最近、いやここ数年前から、いろいろな場所で“AED”というアルファベットを目にしていました。「人の命を救う道具」というのはわかっていましたが、実際はいったいどんなものなのか全く認識していませんでした。
今回の「レスキューセミナー」を受講して、初めて“AED”がどういったもので、どのように使うかを知る事ができました。 AEDを使った今回の救命のワークでは、それがあくまで疑似体験であるにも関わらず、舞い上がってしまって、結局オロオロするばかりでした。これが本当に人の命がかかっている状況であったなら、ただただ立ちすくむだけだったと思います。
しかし今回の講習を受講して自分の弱さを知っただけでも大きな収穫であったと思います。
今後もできる限り、講習に参加して何度も疑似体験をする事で、本当に人の命がかかった状況においても、少しでも何かできる自分になりたいと思います。  
R.N 48歳 男性 会社員 奈良県


『応急救護講座受講後に道で倒れている人に遭遇!』

この講座を受講した後に、実際に道で、血を流して倒れている人に遭遇しました。
一瞬、心臓がバクバクして、固まりそうになった自分がいましたが、講座の中で教わった『SET UP!』という言葉を思い出し、冷静に対応するよう自分に言い聞かせながら救急車を呼びました。
講座を受講した事で、今までの自分より落ち着きを持ち、一歩踏みこんだ行動をとる勇気が貰えました。
家庭や職場、地域の皆でこのスキルを身につけておくと日々の生活や人間関係にどれほどの安心感や信頼感がもたらされる事だろうな!と思います。 ぜひ身近な大切な人にシェアしたいです。ありがとうございました。 
H.Y 34歳 女性 主婦 大阪府


『平和ぼけしている頭が引き締まりました』

心肺蘇生法、人工呼吸法、AEDの使い方などの知識があっても、判断を的確に行わなければ自分の命すら危ないこともある。想いだけで動くのではなく、状況を判断することの大切さ。日頃から心がけておくことがとても大切。平和ぼけしている頭が、引き締まりました。 このプログラムには、災害に備えて少しでも役にたつ自分になるためにと想っての参加ですが、一番大切なのは「自分の命」だとも伝えてくれます。
助けてもらう立場だったらどうして欲しいのか。そんな細やかなアドバイスもあります。
そして最後は、自分に出来ることを、相手の立場にたって、最善を尽くすことの大切さが学べた講習会でした。T.M 41歳 女性 自営業(セラピスト) 熊本県

 

申込お問い合わせ

講座プログラム一覧レスキュー・サポートトレーニングハートフル・サポートトレーニング
ベーシック・サポートトレーニング実践キャンプ・トレーニング


HOME

ACCESS MAP
SITE MAP
おすすめ商品のご紹介
MAIL

個人で受講をお考えの方
講座主催をお考えの方
インストラクター志望の方
ボランティア育成を
     ご支援いただける方

JDSAについて

協会の成り立ち
3.11の活動実績
協会が目指すこと

講座プログラム一覧

レスキュー・サポート・ トレーニング講座
ハートフル・サポート・トレーニング講座
ベーシック・サポート・トレーニング講座
テクニカル・サポート・トレーニング講座

講座スケジュール
講座開催場所

活動士・認定者一覧
講座提供団体
講座お申込みフォーム

協会概要

登記情報
役員紹介
正会員
活動士登録者(一般会員)
賛助会員  

賛助会員募集
特別継続会員
継続会員
ご寄付
会員登録フォーム

Copyright 2014 Japan Disaster victim Supporters Association All Right Reserved.