HOME アクセスマップ サイトマップ メールフォーム
JDSAについて 講座プログラム一覧 講座スケジュール 活動士・提携団体 協会概要 賛助会員募集

what's ?
■ JDSAについて
■ 協会の成り立ち
■ 3.11の活動記録
■ 協会の目指すこと



 

講座プログラム一覧

3.11 東日本大震災での活動記録

2011年(平成23年)3月11日14時46分
日本の太平洋三陸沖を震源として発生した地震・東日本大震災を引き起こし、東北から関東にかけての東日本一帯に甚大な被害をもたらしました。
震災当日、ホノルルに出張中だった馬場理事長が緊急帰国し、まずは自分が出来ることからと動き出したのが、この活動の始まりでした。理事長の情熱に賛同した沢山の方々から物資・支援金を預かり、まずは現地へと足を運んだ先は、まさに地獄のような惨状でした。

震災当時1 震災当時2
震災当時1 震災当時2

あまりの広範囲被害で、国の支援が行き届かず、最初の2ヶ月は助かった人たちの避難所や自宅へ、生きる為の支援が必要な時期でした。ボランティアの組織も確立されておらず、センターの立ち上げから携わり、食料はもちろん、肌着や日用品をはじめとする生活必需品や、障害を持った方やお年寄りのための車椅子など、被災者の方々の声を元に、本当に必要なものを選別し、無我夢中で全国の有志に呼びかけ、お届けしました。

震災当時1 震災当時2
震災当時1 震災当時2

数ヶ月がすぎても、被災した方々の生活は厳しい状態が続いていました。仮設住宅も少しづつ建ち始めましたが、被災地のガレキは震災当日のまま残されているところがほとんどでした。
私たちは、大きな重機が入れない場所のガレキ撤去活動のために、全国からボランティアを集め、合計31回の支援活動を続けました。

震災当時1 震災当時2
震災当時1 震災当時2

半年を過ぎたころ、過度なストレスから被災した人たちの身体や心が極度に衰弱し、様々な不調を訴える人が急増しました。心身の健康を少しでも取り戻してもらうために、セラピストやパフォーマーと共に、被災地を回る活動も始めました。一時的にでも、休息の時間や、楽しいひと時をお届けしました。

震災当時1 震災当時2
震災当時1 震災当時2

 

JDSAについて協会の成り立ち3.11の活動記録協会の目指すこと

 


HOME

ACCESS MAP
SITE MAP
おすすめ商品のご紹介
MAIL

個人で受講をお考えの方
講座主催をお考えの方
インストラクター志望の方
ボランティア育成を
     ご支援いただける方

JDSAについて

協会の成り立ち
3.11の活動実績
協会が目指すこと

講座プログラム一覧

レスキュー・サポート・ トレーニング講座
ハートフル・サポート・トレーニング講座
ベーシック・サポート・トレーニング講座
テクニカル・サポート・トレーニング講座

講座スケジュール
講座開催場所

活動士・認定者一覧
講座提供団体
講座お申込みフォーム

協会概要

登記情報
役員紹介
正会員
活動士登録者(一般会員)
賛助会員  

賛助会員募集
特別継続会員
継続会員
ご寄付
会員登録フォーム

Copyright 2014 Japan Disaster victim Supporters Association All Right Reserved.